「忍が走る」の巻き ①

2017.04.14.23:48


zx-10.jpg



1988年~1990年まで、カワサキで製造されていたZX-10をご存知でしょうか?

1984年に突如彗星の如く現れたGPZ900R
カワサキ初の水冷式4気筒・通称 忍者

当時は、トムクルーズ主演「トップガン」のヒットと重なりカワサキ乗り以外のBIKE乗りにも憧れの1台となりました。

その後、各メーカーがおこす世界最速マシン戦争が勃発します。

カワサキも忍者のエンジンを改良しGPZ1000RX(通称・鯨)→ZX10(通称・鯱)→ZZR1100(ZX11)→ZX12R→ZZR1200と忍者を世界に送り出しました。

通常忍者とは、GPZ900R(分身の術GPZ750R)を言います。(本家)
この忍者の子孫は、初代A1代目からA16代目(2003年)まで系統を繋ぎました。

本家忍者(A1型)が世に出て2年後。

1986年に分家のGPZ1000RXが光を浴びるのです。
しかし、GPZ900Rの偉大さがGPZ1000RXを裏街道を走らせてしまいました。
GPZ1000RXは、本家忍者の影に隠してしまった影忍者なのです。
GPZ1000RXの子孫は無く、GPZ1000RX名は一代目で途絶えてしまいました。
それゆえGPZ1000RX(鯨)を愛でる影忍者乗がいるのです。

そしてGPZ1000RXの弟子であるZX10も師匠GPZ1000RXと同様2年の命でありました。
それは、当時の戦では攻撃に対して全身に鎧を纏っていました。
誰もがZX10の生死を心配していましたが実は、彼は生き残りっていたのです。
そう、抜忍(カムイ)として。
それは、ZX10の底知れぬ力が他の忍者に影響を与えたからです。

なぜ、ZX10を鯱と呼ぶか。

鯱の語源を紐を説いてみましょう。

ラテン語では、Orcinus orca(オルキヌス・オルカ)「冥界からの悪魔」
「Orcinus」はラテン語で「冥界に属する・死の領域」
「orca」は「魔物」

英語では、「Killer Whale」(殺し屋クジラ)
アイヌ語では、レプンカムイ(神)
「rep‐un‐kamuy」沖にいる神と言うそうです。

このことからもわかるようにZX10には、底知れぬ忍術(魔術)をひそめているのです。
ZX10が忍者の追つてから逃げているなか、ZX11が兄のZX10の汚名返上に立ち上がったのです。(1990年)
新忍者ZZR党の旗を天高くかざしました。
外見は、兄より少しスリムになりましたがどことなく兄に似ている様に見えます。
党首となり名前も変えました、ZZR1100Cと名乗ったのです。

その後(1993年)、ZZR1100Dが後を引き継ぎました。(後継者)

噂によるとZZR1100Cは病気を患い調子が悪かったそうです。

暫く忍者界も平和な日々が続きました。

しかし突然変異が起こるのです。

2000年、忍者界の奇才児が現われるのです。
ZX-12R 。(最速特殊能力)
今までの忍者に無い尖った鋭い感性が変人と言われた由縁です。
しかし忍者界では、ZX-12R を煙たがる派閥も出てきました。
すると、2002年 ZZR1200が候補に上がって来たのです。
素早い操作性と地面に貼りつく粘り性の両面を持った忍者が誕生しました。
(ツアラー・ZZR1100の正統後継車

しかし、時代は進んでいきます。

「世界最速の戦いは、これまでの忍者の努力によって世界に名を残したのです。」

忍者とは、GPZ900Rから続いた「忍法サイドカムチェーンエンジン」を搭載しているのが忍者なのである。

現在のNinjaとは異なるのです。

※以上の文面は、自分なりの感想です。 
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

MOTO-TOMO

Author:MOTO-TOMO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR