スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジオ・ドラマ 「出会い・別れ・そしてバイク」 第10話

2014.01.03.19:15

「出会い・別れ・そしてバイク」
原作 MOTO-TOMO

第10話 「フラッシュバック」

タカシ         MOTO☆TOMO
リカコ         えりなちゅらる
タクト         ゆき
ヤンキーの兄ちゃん   ゆき
ガソリンスタンド社長  西野武流
ガソリンスタンド店員  えりなちゅらる
ナレーション      ゆき


タカシ    あぁ、寒い もうダメだ 冷凍人間になりそうだよ。
       リカコ、お前元気だな 寒くないのかよ。

リカコ    大丈夫よ、これくらい。

タカシ    スゴイな。うぅん、リカコそれって・・・・ 。
       あっ、それってグリップヒーター。 いつの間に付けたんだよ ズルイよ!

リカコ    着けたらダメって事無いでしよう。
       着けるのは個人の自由なんだからねぇ。

タカシ    でも、こんなに寒いのにバイクで初詣に行くライダーは、俺達だけだと思って来たんだが
       沢山のバイク乗りが初詣に来ているね。
       大型バイクの団体さんやサイドカー軍団もいるし、年齢も若い人から高年齢の方も来ているよ。
       皆、元気でクレイジーだね。

リカコ    そうよ、さっきから寒い・寒いと言っているのはタカシだけだよ。

タカシ    でも、寒いのは寒いですからねぇ。

2人は駐輪場にマシンを停めて神殿に向かって歩きだした。
タカシは、露店商の呼び声が聞こえるほうに寄って行き

タカシ    あっ、たこ焼き  食べたら体が暖まるだろうな・・・・。リカコ

リカコ    そうね、でも駄目。    先にお詣いりしてからよ!

タカシ    あぁ、ベビーカステラ・リンゴ飴・フランクフルト。美味しそうだよ~ぅ。

リカコはタカシの腕をつかんで小走りに走りだした。

タカシ    ちょっともう少しゆっくりと歩こうよ。

リカコ    ダメ、ゆっくり歩いているといつまで経っても神殿に着けないよ。
       早く歩きなさい、早く!

タカシ    俺、初めてここの神社にお詣いりに来たけど・・・。
       へぇ、ずいぶんと大きい神殿だね。
       えっと、一礼二拍二礼だったかな、お賽銭は10円でいいかな・・・。
       なぁ、リカコ。

リカコ    シィッ、黙ってお祈りしているんだから・・・・。
タカシ    なぁ、リカコ。   さっき何をお願いしていたんだい?

リカコ    お願いじゃなくて、昨年は事故もなく楽しい一年でした。
       今年もよろしくお願いします。
       あれ?   これってお願いか。ハァハハハハハア。
       ところでタカシは何をお願いしたのよ。

タカシ    リカコと同じだよ。

リカコ    本当に?

タカシ    ホント・ホント。  あっ、美味しそうな匂いがする。

リカコ    待ちなさいよ、タカシてばぁ。

タカシ    ちょっとガソリンスタンドに寄るよ。

リカコ    じゃあ私もガソリン入れとくか。

スタンド店員     いらっしゃいませ!  こちらにどうぞ。

リカコ    最近、この辺セルフスタンドが多くなって来たね。
       リカコ、高校生の時 ガソリンスタンドでアルバイトしたことがあるの・・・・。

タカシ    うそ、俺も高2の夏休み・冬休みとスタンドでバイトしてたんだよ。
       夏は暑いし冬は寒かったけど1つ上の先輩がいてさ楽しかったよ。

・・・・・・・・・・・・10年前の冬・・・・・・・・・・・・・・・・・

ガソリンスタンドの社長     タカシ、この車拭いといてくれ。

タカシ    はぃ、ひぇ~。  冷たい、指先が凍りそうだよ。

タクト    タカシ、これ使いな。

と、1学年上のバイト先の先輩が温かい湯が入ったバケツを持って来てくれた。

タクト    ここのオヤジ人使いが荒いから頑張れよ。

タカシ    有り難うございます。  ふぅ、助かった、温かいや。

社長     タクト、何油売っているんだ。   お客様の車が入って来たぞ。
タクト    はい、今すぐ行きます。   クソオヤジめ。
       どこで油を売っても 油屋なんだからいいじゃんか。

このアルバイト先の先輩は、俺より1つ歳上で工業高校の3年生。
今年の春に卒業して、車の整備会社に就職が決まっているらしい。

タカシ    ふっ、疲れた。

タクト    ヨオー、タカシ仕事に慣れたか?

タカシ    いやぁ、思っていたより冬場のスタンドはキツイですね。

タクト    ホレ、どう。 1本吸うか?

と、キャラメルが入っていそうな箱から白い棒状の物を取って俺に勧めた。

タカシ    いゃ、俺 止めときます。

タクト    付き合い悪いな、まぁ、いいや。
       それよりタカシ、アルバイトして何か欲しい物でも有るのかよ。

タカシ    はい、バイクが欲しいんですよ。
       駅前通りのバイク屋のショーウィンドウに かっこいいバイクが置いてあるんです。

タクト    バイクか、ヤメときな やっぱ ワッパの車だぜ!
       俺もう少しで18になるからよ、車の免許取って夏には車買って彼女とドライブさ。

タカシ    えっ、先輩 彼女いるんですか?!

タクト    まぁな。

先輩は、胸のポケットから一枚の写真を取出して俺に見せた。
そこに写っている女の子は、サーファーカットの少しヤンチャそうな女の子人でした。

タクト    隣街の女子校の2年生さ。

タカシ    センパイの彼女、可愛いイスネ。

と心にも無い事を言ってしまった。

タクト    まぁな、車買ったらタカシ乗っけてやるからよ楽しみにしてなぁ。

社長     オイ、コラ!! おまえ達何さぼっているんだ。
社長     ピットに入っている 車のオイル交換しとけよ。

タクト    はぁい、くそオヤジめ。

そんなこんなのアルバイト、毎日が楽しくあっという間 冬休みも終わろうとしていた日の夜、
その日は、センパイはバイトが休みで俺と社長と年配の社員さんと三人で仕事をしていると、
車の車体を低くしたいわゆるシャコタンの車が、地面を蹴る様な爆音と共にスタンドに入って来た。

タカシ    はい、いらっしゃい。   OK!!

黒い車体の運転席側のウィンドウが開き頭の形が ツチノコみたいな茶髪のヤンキー兄ちゃんが
ハイオク三千円分と言って千円札を三枚渡した。

年配の社員   ハイ、ハイオクですね。

と言って年配の社員さんが燃料口に ピストル型のノズルを突っ込んでハイオクを入れている。
ウィンドウには、黒いフィルムが貼られて車内は何も見えなかったが
もう一人誰かがいるのは雰囲気で判った。

年配の社員   ハイ、ハイオク三千円分入りました。

ヤンキーの兄ちゃんは洗車するからと言って洗車機に車を入れた。

タカシ     ハイ、もう少し前です。    OKです。
        降りますか このまま車内にいますか?

ヤンキーの兄ちゃん  このままでいいよ。

タカシ    じゃあ、ブラシ廻しますよ。

と言って俺は スタートボタンを押した。

それは、赤・青・黄・白色のブラシが回転し まるでハワイアンダンスショーの様に
ブラシがクルクル回り 水とシャンプーが車体を洗い、そして綺麗になった車を
乾いたタオルでふきあげるのが俺の仕事である。

スタンドの街灯の光は薄暗く 洗車機から出てくる車の室内をかすかに照らすと
2人の男女が抱き合ってキスをしていた。

俺は見てはいけないモノを見たかのように気が動転したが 車内の2人は 俺には気付かず夢中である。
ヤンキーの兄ちゃんの手が 女性の胸の上で もぞもぞしているのが見えた。
そして次の瞬間 女性の顔が見えた。

どこかで見た覚えがあったが、でも俺にはこれぽっちも縁の無い人達で 知っているはずが無いのである。
俺は洗車機の後方に姿を隠して機械が止まるのを待った。
そして、洗車終わりました!! と大声で言ってやった。

スミマセン、拭きあげますのでこちらまで進んで下さいと言うと
先ほどまで楽しんでいたヤンキーの兄ちゃんは 拭かなくてもいいと言って国道に車を走らせた。

タカシ    有り難うございます。気を付けて!

プヮーァン♪ とクラクションを鳴らしながら走り去って行った。

しかし 、隣の席に座っていた女性の顔が頭から離れなかった。
そして、何かの拍子で恐ろしい事を思い出してしまった。
確かにあれは先輩の彼女、間違いなく先輩の彼女だった。

次の日、先輩と顔を会わしたが いやに胸がドキドキしてあの光景を思い出してしまう。
このことは、先輩に言うべきだろうかと考えたがやはり止めておく事にした。
先輩の夢を壊すのが怖かったのかも知れない。

そして、アルバイトも今日で終わり明日からは三学期が始まろうとしていた。

アルバイト料 二十日間、6万円
あともう少しであのバイクが手に入るのだ!




スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

MOTO-TOMO

Author:MOTO-TOMO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。