スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ライダーデビュー☆第四話☆悪夢のスライディング

2012.01.06.20:00

幼いころ、両親と偶然出会った女性ライダー。
彼女のようなライダーになりたいと教習所に飛び込んだカオリ。
順調のような…そうでないような…
そろそろ「卒業検定」という文字が射程距離に入ったようです。


-----------

「さっむーい!」

寒さで目を覚ましたカオリ。あまりにも外から風の音が聞こえるのでカーテンを開けてみると横殴りのような雨が降っていた。
教習が始まって以来、カオリが教習所でバイクにまたがる日は決まって「晴れ」だった。
なのに…
初めての雨。しかもただの雨ではない。「嵐」といっても過言でないそんな天気だ。

時計を見ると、目覚まし時計が鳴り響く10分前。
もう、起きてしまえ!とカオリはベッドから出るとファンヒーターのスイッチを押した。
手早く朝食のトーストとコーヒーの準備をしながらテレビの天気予報をチェックする。

『強い低気圧の影響で、今日一日、各地とも雪や雨が降ったりやんだり、冬の嵐となりそうです。交通への影響も考えられますので最新の交通情報をこまめにご確認ください』


-----------

「風は強いけど…雨は…やんだ。雪は…降っていない。ただ…」
「寒いか」
「寒いですよ!手がかじかんでうまくクラッチにぎれますかね?」
「大丈夫、大丈夫。ま、軽くコースを走ろうか」

カオリが教習を受けるころには、なんとか天気は回復。
ただ、風が強く、カオリの恐怖心をあおっていた…が、もちろん、教習は実施されていた。
急制動へと教習内容が移った頃、雨が降り始め、教官の指示で全員カッパ着用となった。

急制動は、短距離の間に3速まで加速し、40km/hを維持した状態で急制動開始位置でブレーキをかけ、停止位置を超えずに停止する。いわゆる急ブレーキの練習。
カオリは、これが苦手なのだ。
まず、「速度が出ない」。
指示の40km/hまで上がらないのだ。
「メーターを確認」しなきゃならない、「急制動開始位置を示すパイロンも確認」しなきゃならない。
あっちこっち見ているうちにブレーキタイミングを失い、停止位置を越える。
慌ててブレーキをかけてしまえば前輪と後輪がロックしてしまう。

そんな中、無情にも雨風が強くなり、「風でこけるのではないか」と言う不安がカオリの中に産まれる。
緊張をしているのか、自分の心音がヘルメットの中でこだまする。

前の教習生が停止線から移動した。
次はカオリの順番である。
停止位置付近から教官が手を挙げる。スタートの合図だ。
ゴクリと唾を飲み込み、スタートする。

「2速…3速…指示速度は…40!」

パイロンに目線を移すと…もう目の前だ。
慌ててブレーキに手をかける。

前輪がロックし、バイクはあっちへ、カオリはこっちへ。
それを何とかしようとしてみるのだが…

-ガッシャーン、ズササササ!

右方向へスライディングのように横滑りするバイク。
その下に入り込んだ状態のカオリ。

「大丈夫か!」

教官の言葉にカオリは声が出なかった。
ただ、こけた事を理解するのに時間はかからなかった。
頭痛、右肩の痛み、そして右足首の激痛。
教官より、このままの教習続行は不可能と判断され、カオリの教習はそこで中断された。

その後、どうやって帰ったのか?
カオリが気づいたのはベッドの上だった。

頭の中に出てくるのはあのスライディング。
一瞬にして迫ってくるアスファルト。
教官に助けられ起きあがった時に感じた冷たい雨。
ぎゅっと両手で身体を抱きしめ、カオリは目を閉じた。

-----------

翌朝、昨日の悪天候は嘘のように晴れ渡っていた。
今日も予約は入っている。
教習所のロッカー前にカオリはいた。
教習を受ける準備は万端。着替えも済ませ、ガードもしっかりと装着、あとはグローブをつけてヘルメットをかぶるだけ。
ズボンのポケットにグローブを押しこんで、カオリはかばんの中から写真立てを引っ張り出した。
いつもパソコンの横にある幼いカオリと女性ライダーとの記念写真が今日はあった。
カオリの心臓は、いつも以上に音を立てて早く動いていた。
脳裏にはエンドレスリピートのようにあのスライディングでこけた情景が映し出されている。

「怖い…」

ボソリとつぶやきながら写真立てを抱きしめた。

「大丈夫。…きっと大丈夫。頑張れる。できるだけ短時間で加速して、急制動開始の時には余裕をもつ。前輪を強めで後輪を弱めでブレーキ。ニーグリップをいつも以上に強く。大丈夫!」

教習開始のベルが鳴り響く。
写真立てをロッカーに戻し、ヘルメットとグローブを装着し、カオリは教習へと歩き始めた。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

MOTO-TOMO

Author:MOTO-TOMO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。