スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年3月~2015年   NV750カスタム

2015.07.04.20:23


2012年2月 から甦れNV750カスタム日記を書くのをサボってしまいました。
      ※実は、携帯で写真を撮りデータを入れていたのですが・・・・携帯を紛失してしまいました。
      (パーツリストの図で以下説明します。)

2012年3 月 エンジンが掛からなかった原因は、レギュレーターレクチファイヤーのコードが融けてカプラー
         の中も焼け焦げていました。
         新しいカプラーに交換するとエンジンが掛かりました。
        (この焦げが、後の長期故障の原因になります。


NV2_20150706144557f30.jpg
       ○ フロントブレーキ キャリパー(R)側のブレーキオイルを廃出するナットが固着して
         外れないのでそのままの状態で放置。

NV5.jpg


       ○ 新しいバッテリーを購入(HYB16)・・・・変な形です。 総合パーツ店で購入

NV6.jpg


2012年4月  車検1回目(ユーザー車検) 奈良カワサキで自賠責に入って仮ナンバーで自走。
         無事車検OK
        ※NV750カスタムで通勤♪

NV1_20150706144726b76.jpg


2012年6月9日  急にエンジン停止。 仕事が終わり帰宅途中、信号待ちでエンジンが止まる。(PM6:00頃)
          JAFに連絡して来てもらうが・・・故障原因が判らず レッカーで自宅まで輸送。(輸送料・無料・
          JAFの会員でヨカッタと初めて思った。PM9:30頃)

           ・・・・・・・・・・プラグから火が出ないので電機系か???・・・・・・・・・・
  
2012年6月12日  ホンダのバイクを取り扱う 知り合い方に診てもらったら…やっぱり電機系がダメ!!(F店)
            ジェネレーター(コイル)を取りだすと焼けた形跡が有り。

NV3_20150706144721437.jpg

         ジェネレーターを巻き直すお店を探しまわったが見つからず・・・・。
         思いついたのが 旧車を扱っているお店・・・・・・。
         ※テクニカルパーツ さんに ジェネレーターを巻き直すお店を紹介してもらった。
         
         仙台市に在る 櫻井電機工業 さんに、ジェネレーターを送る。(約 2週間待ち ¥27,000)

NV4.jpg


2012年8月  F店に修理(ジェネレーターの取付け)とレギュレーターレクチファイヤーをお願いする。
         ※レギュレーターレクチファイヤーは、製造中止・在庫無し。


・・・・・・・・・・・・・2012年8月~2014年3月までF店のお店先のオブジェ化となる。・・・・・・・・・・・・・・・・・・
            (やはり、旧車は 旧車専門店にお願いした方が良いと思いました。)

2014年3月  中古のレギュレーター がオークションで発見!!
         NV750カスタム無事生還しました。バンザイ
         

2014年4月 車検・・・・・後数日で車検が切れるところでしたが、無事 2回目のユーザー車検 OK!
               (若い検査員に念入りに診られる…旧車だから仕方ないか????)

2014年7月  中古のフロントブレーキ・キャリパー(R)が見つかる。(これで安心です)

2014年10月  エンジンの掛かりが悪い????
          バッテリーの配線からきているコイルが原因か?(シートの下に有るコイル)
          ハーレーダビッドソン奈良・中野店長に、「このコイルをペーパーで擦ったら直るかも・・・。」
          と教えてもらった。
          ペーパーで擦って、スターターボタンを押すと 一発でエンジンが掛かりました。

2014年~現在 エンジン最高 日頃の足として使用中です。
          つい最近、ツーリングの途中 道の駅でバイク乗りの方に
         「懐かしいね。 えっ、 奈ナンバー 大事に乗ってよ!」と声を掛けて頂きました。


nv2_20150706160444115.jpg


         







スポンサーサイト

甦れNV750カスタム・レストア日記(PARTS)

2012.07.12.23:00

2012・02・10(金)

前回までは、一応基本的な作業を終了しました。
●キャブレターのオーバーホール 
●タンクの錆び取り

さていよいよ組み立て工程に入ります。
今までの努力が実るか実らないか・・・胸がドキドキで不安です!

しかし、そうは上手く行きません。
ガソリンチューブに亀裂発見!!

新しいモノに交換した方がイイかも・・。

テクニカルパーツさんよりお借りした
パーツリストから品番を探して、ホンダサービスに問い合わせてみると

nv3.jpg


nv1.jpg


● 17511-ME9-000  (フューエルチューブ)
● 95001-55190-20 (フューエルホース 5・3×190)
● 15400-679-013  (オイルフイルター)
● 16900-371-004  (フューエルストレーナーCOMP)

係の方は、丁寧な態様で良かったです。
TEL 0120-11-2010 (ホンダお客様相談センター)

● 95001-55190-20 (フューエルホース 5・3×190)
欠品でした。このホースは、熱対策?? 
してありホースの外側には、編み込みの布が巻いて有ります。

このホースは、無いので普通のホースで代用します。
ただし、エンジンの近くを通す場合は、二重にして熱対策します。

ホンダのお店で注文して、3日後に部品が届きました。

マシンに付いている古いホースの長さを計りながら、
新しいホースと交換していきます・・・ががが!!

タンクと予備タンクに接続するフューエルチューブが
硬くて・・・・・。(疲れた)

さてさて、一応組み上がったので ガソリンコックをONにして
バッテリを繋いで スイッチON セルボタンを押して・・・・アレ??

エンジンが掛かりません!!!  
原因は果たして何なんでしょうか????

          ・・・・・・・つづく


レストア日記 (TANK)

2012.03.19.09:45

2012・01・23(MON)

AM10:00

今回は、ガソリンタンクの錆び取り!!
MY☆GarageRoomで作業します。
今回の、ガソリンタンクの錆び取りを失敗しない為に
先日、幾つかの方法を知り合いのバイクショップの
オーナーさん5人に聞いて来ました。
流石に有名???ショップ店ですね・・・・
ご協力有難うございました♪

まずは、錆び取り剤について聞いてみると
2ツの候補が挙がりました!!

花咲かG   1L(タンククリーナー)

ワコーズ  2L(ピカタン)

ショップのオーナーさんお勧めはと聞くと・・・・。

スッキリ仕上がり系の花咲かGが・・・・・2ショップ。
自然仕上がり系のピカタンが・・・・・・2ショップ。
マシンに合わせて両方を使用が・・・・・1ショップ。
と言う結果になりました。。

NV750カスタムには、自然系な仕上がりがいいかなと思い
2Lのピカタンに決定しました。
(9Lタンクと3Lタンクが有るので余裕を考えて)

ピカタンは奈良カワで購入

3Lのガソリンタンクを先に作業します。

16.jpg

タンクの内を中性洗剤とブラシで洗います。
ゴシゴシ ジョワァー と水道水を流しこみ
シコシコとタンクをシェイク・シェイク
ジョンジョワァーと中身を排水溝に流して
グン・グルル~とタンクを持って3回転半廻ります。
冷たいスッ!!
後は、エアーでトピューッ・トピューッと水分を飛ばして
ヘアードライアー改で完璧にタンク内を乾かします・・・。

24.jpg


25.jpg


☆ この方法は、天理市に在る バイクショップ
  TECHNICAL PARTS さんから教えて頂きました。
(なんと!!NV750カスタムのパーツリストを
 貸して頂きました。流石、レストア専門店?!)

AM10:20

まずは、3Lタンクの3ツの出口をふさぎます。
小さい出口2ツはビニールホースでふさぎ繋ぎました。

23.jpg

ピカタンは10倍に薄めて使用できるので
300ccでいいのですが錆びがキツそうだったので
原液400cc投入して
大きい出口は元のガソリンホースを使い
マジックインキにCRC-556を塗って無理やり
差し込み暫らく放置しておきます。

次は、9Lタンクとの格闘が待っています!!

17.jpg

こいつは、外見デカイのですが内側はダイエットして有り
取り扱いが以外にもラクでした。
9Lタンクと格闘しながら3Lタンクとの同時進行・・・・。

3Lタンクは、1時間おきに左右・上下とタンクを回転しときます。
意外とマジックインキを差し込んだホースからは
原液はこぼれませんでした。

AM11:00

9Lタンクです。
これも先ほどの要領でタンクの中を洗って・・・・。

50_20120319064755.jpg

大きい出口には、ガソリン燃料ホースに
無理やりマジックインキを差し込んで

45.jpg

小さい出口には、ガソリン燃料ホースを繋ぎ
そこに、特殊工具???(菟田野に在るバイクショップで貰った)
に潤滑剤のCRC-556を塗って差し込みます。

ピカタン、500ccの原液投入。
ガソリン入れ口には、ビニールボール(ダイソーで3玉 ¥105)でふさぎます。

47.jpg


この方法を教えて下さったのは、宇陀市菟田野に在るバイクショップのオーナーさん。
(オーナーさんがとても人見知りするタイプなのでお店の名前は非公開です)

暫らく放置しておきます。

1時間おきに左右・上下と回転させます。
これも、以外にもビニールボールから原液は、こぼれませんでした。

☆流石!!プロのバイク屋さんの知恵です。脱帽します。

12:30

昼食

40_20120319064007.jpg


2ツのタンクを相手に1時間おきに回転させます。

PM13:00
PM14:00
PM15:00
PM16:00
PM17:00

39_20120319064041.jpg


PM16:00 作業開始♪

ガレージ内は、少しづつ寒くなって来ています。
作業スピードを上げます・・・。

3Lタンクに、サランラップをマキマキします。(自己流)
これは、保温効果が有るかな??と思って試しにやってみました。
60度のお湯を給湯器からヤカンに取りタンクイッパイに入れます。
マジックインキで蓋をして発砲スチロールの箱の中に入れて
ビニール袋で密封します。

26_20120319064655.jpg

24時間放置

PM17:00

続いてもう1ツのタンクも同じく
9Lタンクをサランラップでマキマキ!!

48.jpg

60度のお湯を給湯器からヤカンに取りタンクイッパイに入れます。
ビニールボールで蓋をしてプラッチックの化粧箱の中に入れて
ビニール袋で密封します。

49.jpg

24時間放置

24時間放置でよかったのだが日程の都合で
38時間後に2個のタンクの液体を出します・・・。

ポリタンにタンクの液体をシュポシュポで移しておきます。
(再利用OKです)

バッチリOKに仕上がりました!!
以外にも簡単に出来上がり仕上げも上出来です。

今回、ご協力して頂いたバイクショップ店さん

●F.モータース          奈良県 宇陀市菟田野
TECHNICAL PARTS        天理市
奈良カワ            田原本
●MOTO FLAG           橿原市
オートレストア小松       郡山市

・・・・・・・・有難うございました。



レストア日記 (OVERHAUL)

2012.01.16.22:00

2012・01・16(MON)
AM10:00

おはようございます!!

さて、今回はキャブレターのオーバーホールだよ。
inaba3.jpg

まずは、タンクをはずしてと・・・。
何じゃこれ・・・。
エイリアンかと思うぐらいのエアダクト。

41.jpg

へぇ~タンクが大きいからロングツーリングOK!と
思っていたけど・・・。
そう言ったらタンク9Lて書いてあったっけ・・・。
タンクの裏側がパッカ~ンと空いています。
エアダクトを外すと。
出て来ました!!
キャブレター☆
ヘェ~
やっぱりV型エンジンなのでキャブレターもV型です。

08_20120117194450.jpg


こっからが問題です・・・・。

1.まずは、スロットホルダーを分解して、アクセルワイヤーを
  取り出してキャブレターを外しやすくするのですが・・・
  邪魔クサイのでキャブレター側のアクセルワイヤーを緩めます。

2.キャブレター後部のクランプを緩めてエアクリーナーから外す。

3.マニホールドのクランプを緩める。
  マニホールドからキャブレターを外す。
  少しゆすぐっても外れない・・・・。
  グリスを塗って少し休憩。。。

  今度こそ!!ムニュムニュとキャブレターを
        左右に振って・・・パッコーン♪


4.バキュームチャンバーカバーのナットを
  ドライバーで緩めてと・・・
  ビーヨョョンとスプリングが出て来ました。
  そして次に・・・コン○○ムさんみたいな
  ダイヤフラムとバキュームピストンがお出まし。

09.jpg


5.キャブレターを逆さまにして今度は、
  フロート側を外します。
  外したフロートチャンバーの底に、錆び発見!!
  キャブクリーナーを吹いて少し観察してから
  ブラシで洗浄。(ナルホドこうなってるのか・・・)

12.jpg


6.フロート(浮)を固定しているピンを抜き
  フロートを外してフロートバルブを取る。

  反対側も同じ作業します。

7.後は、バルブを全部外してトレイに左右別にして
  キャブクリーナーで、泡・泡地獄の刑にしておく・・。

13.jpg


☆12時・・・・・昼食です・・・・・・

店内に面白い・懐かしいバイク発見!!

HONDA レブル250 (中古車・美車)

32.jpg

走行距離 23.000km    ¥150,000

33.jpg

KAWASAKI エリミネーター250LX

34.jpg

37.jpg

36.jpg

走行距離 23.400km     ¥150,000

35.jpg


■モト友のバイク☆ライフを観て来ました!!と言ったら
 オマケしてくれるかもヨ♪


☆休憩終わり・・・。

8.エアーで先ほど泡・泡地獄にしたキャブレターの
  全部の穴に吹き込みます。
  汚れていたのでブラシで撫で撫でキレイにします。

9.後は、元に戻して・・・。
  フロートチャンバーのOリングにガスケットを塗って
  組み付け・・・。

14.jpg


10.キャブレターをマニホールドに組み付ける時に
   気を付けて・・・。グリスを塗ると入りやすいヨ。

11.エンジンが掛かるかな???
   危ないからしてはいけませんが・・・・・。
   キャブレターの入り口にガソリンを少々入れて
   セルを押すと・・・・・。
   バァーオオオ~ン♪と叫び声!!!
   
   キャブレターオーバーホール成功♪♪

今日は、ここまで・・・。寒かったナ~っ。


PM10:30
  窓から白い物が見えた・・・。
  雪・雪・雪・・・・・雪


2012・01・17(TUE)

AM7:00

39.jpg


40.jpg

レストア (wash)

2012.01.11.22:13

2012年01月09日(月)

AM10:00

バイクガレージでは狭すぎるので
バイクを預かって貰っている
奈良カワさんにてレストアの作業を始めます。

オーナの稲葉さんが、「ハイ!!」と
バケツとブラシ&洗剤を持って来てくれました。

inaba1.jpg

まずは、キレイにしてあげましょう!!

寒いです。。。

1.洗車
ポイント・・・・
       ○上から下に優しく。
       ○しっかり泡をたてましょう。。。
       ○水が浸入する所にはガムテープ
        で目隠しプレイ。
       ○拭きあげは丁寧に。

洗車前
02.jpg

○オイル漏れが有るかチェックしておきます。


洗車後
03.jpg

          ☆違いが判るかな?判らないだろうな・・・。


2.分解開始
04.jpg


07.jpg


ポイント・・・・
        ○整備の基本!!
         かみ合う工具を探せ。
        ○スパナよりメガネレンチが力が大きい。
        ○締め付けは交互に。
        ○ドライバーは強く押し付け
         時計の回転の反対の方向に回せ。

        ☆ネジをナメルなよ!!


次回は、キャブレターのオーバーホールです!!       
プロフィール

MOTO-TOMO

Author:MOTO-TOMO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。